■ 農林水産九条の会 ■

ニュースレター15号より

 8月の総選挙において、国民が自公政治「ノ―」の歴史的な審判を下しました。誕生した鳩山政権はムダ遣いにメスが入ったものもありますが、5兆円もの軍事費や米軍への「思いやり予算」にはほとんど手をつけられずにいます。また在日米軍基地の「移設問題」でも明確な態度を示していません。自民党政権以来、長年にわたって政府は普天間基地に代わる新たな「移設先」を探さなければ撤去できないという立場に固執してきました。移設先を探すことは耐え難い苦しみを国民に押し付けることにほかなりません。
 しかも移設を口実にアメリカは沖縄に最新鋭の基地を建設する狙いです。いま求められているのは普天間基地の無条件撤去を求めて本腰を入れた交渉をアメリカと行うことです。暮らしと平和を守るためにも、在日米軍基地撤去のたたかいと憲法9条を守る運動は切り離せない課題になっています。

お二人の方に寄稿をお願いしました。


憲法九条と普天間基地問題



沖縄国際大学・来間泰男(くりまやすお)

 憲法九条といえば、戦争放棄の規定である。それは、戦力を持たず、交戦はしないとの宣言である。なんらかの理由があれば、それが認められるということでもなく、「絶対平和」の主張である。侵略を受けたら「抵抗戦争」は認められるかと考えれば、それは日本国としてはダメということである(国民や民衆レベルでの抵抗の是非は別ではあろうが)。


 いま、「普天間基地」の撤去をめぐって論議がある。その隣接地に勤め先の大学があり、5年前にはアメリカ軍の大型ヘリコプターが、我らが校舎に墜落炎上した。一日も早く機能停止とし、撤去させねばならないとは、政府当局を含めて、一致しているように見える。そのさい、撤去先が「県内」か「県外」か「国外」かが、論議の対象となっている。


 私は思う。撤去先が問題ではなかろう。撤去が必要だということだけであろう。普天間基地をなくしてほしい、ただそれだけを言い続けたい。普天間だけでなく、沖縄にあるアメリカ軍基地は、1945年から65年間も居続けているのである。そんな暴虐がいつまでも許されてよいか。自衛隊という名の軍隊を持ち、外国軍隊の駐留を認めるということは、そもそも憲法九条に違犯しているのだ。戦力を持っていることと同じだ。交戦することもありうると認めていることなのだ。私は、九条に依拠して、この現実に「チェンジ」を求めたい。「日米同盟が大事だ」などといって、この現実を容認することは許さない。



命守りの「むら」で憲法9条を考える



岩手県西和賀町沢内 佐々木覓(ささきもとむ)

 50年前、岩手県西和賀町沢内(旧沢内村)で旧東北帝国大学出の青年が村に帰って村長となり先頭に立ち「自分たちで命を守るむらづくり」をしようと取り組んだその苦闘と成果が、いま記録映画となり上映が開始され始めている。


 沢内は岩手の奥羽山脈東斜面に位置し標高200メートルから450メートルの盆地で水稲栽培を主に畑作、畜産を組み合わせた農山村である。夏場には稲作最大の敵である「やませ」が来襲する冷害常襲地であり、冬は11月に雪が降り始め時には3メートルに達し4月末まで覆われる豪雪で外部から隔絶されて陸の孤島となる。いわゆる社会的弱者である乳児と老人の命が危険にさらされる豪雪、貧困、多病多死の三重苦に喘いだ「むら」で、乳幼児死亡率日本一と言ってよい地で何としても村人の命守りに総力を結集しようとした。幸い優秀な医師にも恵まれ病院再建に取り組み、日本で初めて幼児と老人医療費無料化を村長を先頭に衆議の結果決断し、乳幼児死亡率ゼロの偉業を成し遂げた。老人の経験と知恵を再生し「むら」の元気を取りもどしたのである。


 この運動の過程で主張した深沢晟雄村長の根拠は日本国是である憲法でありその前文にある平和的生存権と、25条の「健康で文化的な最低限度の生活保障」と、その大前提になる人間が人間を殺し合う戦争は絶対にしないという憲法9条にあったことを、しっかりと再確認しなければならないと痛感する次第である。聖戦だとか自衛だとか言いながら、戦争を容認する風潮は絶対阻止をし、人権と平和が守られる国づくりに力を結集しなければならない。

| nrss9j | 農林水産九条の会 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |

新潟・農林水産9条の会 第4回交流会を開催

農林水産9条の会は新潟で7月25日に第4回交流会を開催、24人が参加しました。
講師に成嶋隆人新潟大学法学研究科教授をむかえ、「日本国憲法の制定過程と今日的意義を考える」のテーマでお話を聞きました。
成嶋教授は「憲法前文では9条を前提として被害者にも加害者にもなってはいけないことをメッセージとして書かれている」と憲法制定過程を述べ、9条があることで軍事大国化に歯止めをかけており、経済的にも国費が抑えられているという価値について説明しました。
リレートークでは、農家の渡辺憲一さんが上海や満洲に派兵された戦争体験を報告。寒さと空腹の辛さに耐えていたことや爆弾で吹き飛ばされた兵隊を目の当たりにした体験を報告。社会進歩の会の滝沢豊秋さんは「アメリカの経済破たんは軍事産業中心になっていたことが原因。日本憲法の存在は重要だ」と述べました。
全体討論ではみなさんが発言し、交流を深めました。
[しんぶん農民新潟県版8月3日号より一部紹介]
| nrss9j | 農林水産九条の会 | 18:17 | comments(1) | trackbacks(0) |

農林水産9条の会が米軍基地を視察

4月16日、農林水産九条の会は、首都圏の会員を中心に、平和の対極としての軍事基地の実態を知るため、神奈川県下の米軍3基地を視察。神奈川県平和委員会の方からご案内と説明をしていただきました。

相模原補給敞には、たくさんの軍車両が姿を


アメリカの軍用車両が列をなしていた(相模原補給廠) 相模原市にあり、214ha、従業員600人余、在日米陸軍の海外遠征のための物資補給等を行っています。基地内は、隣接するJR相模原駅構内の駐車場の屋上などから良く見渡せました。
 物資補給と言っても、海外の戦場で野戦病院を2カ所建設できる膨大な諸機材、ベットの保管、戦地のベースキャンプから500km遠方までガソリン、水の供給が可能なパイプ類を詰め込んだコンテナ群が延々と並んで出番を待っているのです。ハンビーは、イラク戦争でも使われている軍用車両で、M2重機関銃を備え、150馬力で時速105kmの高速で走る水陸両用車両です。250両搬入予定で、何台かは柵越しに見ることが出来ました。

キャンプ座間―いまもイラク戦争を後方指揮


 相模原市と座間市にまたがり、236ha、従業員1,500人余、在日米陸軍司令部、第9戦域支援コマンド司令部が置かれる等在日米陸軍の中枢部をなしています。ここでは、イラク、アフガンにおける実戦の情報を常時把握しており、後方支援業務の指揮命令などを行っています。
 また陸上自衛隊第4施設があり、ヘリポートを共同使用しています。同基地では、先ずゴルフ場部分を外から視察しました。ゴルフ場は中学校、小学校が高いネットなしに面しており、ゴルフボールの危険な飛び出しが問題になっています。
 リトルペンタゴンといわれる米軍建物では鉄砲を担ぎ迷彩服を着た10数人の兵隊が突如駆け足で近くを通り抜けて行き、殺りくマシンの前線基地であることを実感しました。

ごう音やまない厚木飛行場


ごう音をたてタッチアンドゴーをくりかえすP3C(厚木飛行場) 綾瀬市、海老名市、大和市にまたがり、506ha、従業員1,080人余、在日米海軍厚木航空施設司令部、西太平洋艦隊航空司令部があり、第5空母航空団が駐留して昼夜の発着訓練などをしています。
 滑走路は3,000mあり、私たちは飛行場の南側に待機して艦載機の着陸を待ちました。間もなく待機中の我々の頭上数mをもの凄いごう音をあげて艦載機が接近し、タッチアンドゴーの訓練を繰り返してゆきました。
 待機中、艦載機6機の轟音が身体を突き抜け、爆音被害者200万人といわれる人々の苦しみの一端を実感しました。

旧日本軍が農民から奪った土地


 3基地とも周辺は人家が密集し、小・中学校、高校、幼稚園があり、私鉄、JR、道路が縦横に走っています。どうしてこうしたところに米軍事基地があり続けているのかというのが第一の疑問でした。
 実は3基地とも、もともと戦前帝国陸軍が半ば強制的に民有地を農民から取り上げて軍用地にしていたことから圧倒的に国有地が多く、私有地、市有地の割合はごく小さく、それだけに基地が返還されれば、地元での利用価値は計り知れないものがあると思いました。
キャンプ座間には、軍人、軍属の生活のために小学校から大学分校、育児所、野球場、サッカー場、グランド、プールなどあらゆる施設が完備しています。こうした至れり尽くせりの費用は「思いやり予算」です。一体いつまで異常な基地優遇策を継続するのか改めて怒りを感じました。


文責:福田隆義(農林水産9条の会事務局)
写真提供:新聞「農民連」、機関紙「全農協労連」
| nrss9j | 農林水産九条の会 | 22:22 | comments(0) | trackbacks(0) |

アピール賛同者は842人に(2/19現在)

農林水産「九条の会」が呼びかけている「九条の会アピール」への賛同者が、2月19日現在で842人に達しました。
| nrss9j | 農林水産九条の会 | 11:03 | comments(3) | trackbacks(0) |

ニュースレターNO.8が発行されました

農林水産九条の会が発行しているニュースレターNO.8を発行し、このほど全国に郵送とメールで発信させていただきました。
| nrss9j | 農林水産九条の会 | 11:03 | comments(1) | trackbacks(0) |

滋賀・農林水産九条の会を結成

滋賀・農林水産「九条の会」の結成総会が、昨年12月9日に近江八幡市でひらかれ、県下各地から65人が参加されました。
結成総会は、憲法ビデオ「今と未来の世代のために」を見た後、杉本敏隆さんが開花のあいさつをし、山本敬治・元県立短期大学助教授が結成までの経過を報告。今後の活動方針と「申し合わせ」を提案し、承認されています。
第2部では、教育評論家の三上満さんが、「日本国憲法と農林水産業」と題して記念講演。
三上さんは、「憲法は地球上から戦争を一掃する日本の決意であり、九条は世界平和のモデル」と強調。そのうえで、「いま戦争する国への道、勝ち組・負け組の格差社会づくりがすすめられているが、九条を守ることが最代の国際貢献であり、そのためにも農林水産業の発展と食糧主権確立が大切」と指摘されました。
| nrss9j | 農林水産九条の会 | 11:02 | comments(0) | trackbacks(0) |

秋田県でも農林水産九条の会を結成されました

九条の会アピールに賛同する秋田県農林水産関係者の会(略称・あきた農林水産九条の会)は、1月20日、JR秋田駅東のアルヴェで「結成と講演のつどい」をひらき、県内各地から会場いっぱいの80人余りが参加。地元テレビ局も取材に訪れました。
中田達男事務局長(元秋田県経済連企画管理部長)が会の結成と申し合わせを発表。代表世話人に元県農協中央会の小松正一さん、元県農業試験場次長の阿部健一郎さん、県立大学教授の佐藤了さん、元十文字町長の西成辰雄さんの四氏の選出したことが報告されています。
開会あいさつで小松正一さんは、戦中・戦後の農村の悲惨さを話し、「どうしても戦争をくいとめたい。戦争とは、いかに残酷なものか目に焼きついている。平和でなければ農民は一番困る。なんとしても九条を守り抜いていきたい」と訴えられました。
東北大学名誉教授の河相一成さん(みやぎ憲法九条の会事務局長)が、「憲法と食糧・農業・農民」と題して記念講演。現憲法と自民党の新憲法草案を比較し、安倍首相の改憲発言に警鐘を鳴らしました。食糧主権、農業権と憲法の根幹である主権在民の関連についての解明は、参加者に感銘を与えています。
| nrss9j | 農林水産九条の会 | 11:00 | comments(0) | trackbacks(0) |

農林水産九条の会で第2次よびかけ人を依頼し、あらたな賛同者を募っています

農林水産九条の会は、第一次よびかけ人の同意もいただいて、よびかけ人を広げる作業をおこなっています。
現在、約73人の方々から了解を得た。了解をいただいた方々は次のとおりです。
さらに追加で依頼している作業を終了し、二次よびかけ人も加えた新たな「アピール賛同」よびかけチラシを作成し、宣伝と賛同者拡大の運動をすすめることにしています。

■第2次よびかけ人一覧表(さらに追加されます)
相原昭夫(全国農業教育研究会)、秋田義信(青森県農協中央会OB)、有坂哲夫(日本共産党農・漁民部長)、有永明人(山形大学名誉教授、農学部・林政学)、飯島充男(農業・土地問題研究)、飯田秀男(全大阪消費者団体連絡会事務局長)、石井正江(食糧の生産と消費を結ぶ研究会常任幹事)、磯辺俊彦(元千葉大学教授)、市川 治(酪農学園大学教授)、犬塚昭治(名城大学名誉教授、農業問題研究者)、井上和衛(農業・農協問題研究所事務局長、明治大学名誉教授)、宇田篤弘(紀ノ川農業協同組合組合長理事)、内山 実(農政ジャーナリスト)、江川友治(元農林省農業技術研究所長)、老田弘道(全農協労連中央執行委員長)、大沼正七(元全農常任監事)、岡阿弥靖正(元全農役員)、岡本末三(農政ジャーナリスト)、小川 信(元山口県農協中央会参事、元衆議院議員)、笠原義人(宇都宮大学名誉教授・元農学部)、加瀬和俊(東京大学社会科学研究所教員・水産経済学)、紙 智子(衆議院議員)河相一成(東北大学名誉教授)、川島利雄(大阪府立大学名誉教授・農業経済学)、神田健策(大学教員・農業経済学)、菊間 満(山形大学教授)、北出俊昭(前明治大学教授)、久保田みき子(農民運動全国連合会女性部長)久保田義喜(前明治大学教授)、倉光定己(元JA全共連参事)、栗原幸一(麻布大学名誉教授)、小池信太郎(元全農林東京地本委員長、元全国食健連事務局長)、酒井惇一(東北大学名誉教授)、坂口正明(全国食健連事務局長)、佐々木早苗(元農林水産省職員)、笹渡義夫(農民運動全国連合会事務局長)、重富健一(農民運動全国連合会顧問)、白石淳一(農民運動全国連合会会長)、杉村眞實(農水省本省・地方農政局勤務)、鈴木文熹(南信州地域問題研究所理事)、千秋達道(元北里大学獣医畜産学部教授)、滝澤昭義(前明治大学農学部教授、NPO法人食農研センター理事長)、田代洋一(横浜国立大学教授)、田辺良則(弘前大学名誉教授・農業経済)、谷脇 修(全国農業会議所新聞事業本部長)、長 憲次(九州大学名誉教授・農業経済学)、土屋大作(元東海農政局農政部長)、彳盥之(元長崎県総合農林試験場作物部長・元JICA派遣専門家)、中江淳一(元農水省農地局調査官)、長崎 明(新潟大学名誉教授、元学長・農学部長)、中野一新(農業経済学研究者)、西山文四郎(元新潟県農協中央会総務部長、市民生協にいがた副理事長)、平野 稔(元全共連勤務)、笛木 昭(前鯉淵学園教授、元広島県立大学教授)、福島康記(財・林業経済研究所理事長、林政学・林業経済論)、福仲 憲(元琉球大学教授・農学部)、福田隆義(元農業者大学校副校長)、丸山 ?(元日本農業新聞記者)、三島徳三(北海道大学名誉教授)、御園喜博(岐阜大学名誉教授・農業経済学)宮浜克好(全農協労連書記長)、持丸良次(元全印総連農林弘済会分会)、森本吉秀(奈良県明日香村農業委員会会長)、山下チドリ(元福岡県農業改良普及所長)、山田定市(北海道大学名誉教授)、山本辰義(株・漁協経営センター代表取締役、財・漁村教育会監事)、山本千秋(元森林総合研究所部長)、山本博史(元(財)協同組合経営研究所常務理事、東洋大学講師)、湯沢 誠(元北海道大学農学部教授)、横山金也(日本販売農業協同組合連合会会長・下郷農業協同組合代表理事組合長)、横山英信(岩手大学教授・農業経済学)、吉田忠文(農政ジャーナリストの会)、渡辺信夫(渡辺地域経営研究所)
| nrss9j | 農林水産九条の会 | 10:41 | comments(0) | trackbacks(0) |

寄金へのご協力をお願いいたします。

昨年7月に、農林水産「九条の会」から一口1,000円以上の第2次寄金(カンパ)をよびかけさせていただきました。
その結果、昨年7月1日から2月1日までに、貴重な寄金が延べ150人の方から(2度以上カンパしてくれた方もいらっしゃいます)、488,000円が寄せられています。
農林水産九条の会の継続的な発展のために、寄付へのご協力をお願いいたします。
| nrss9j | 農林水産九条の会 | 10:38 | comments(0) | trackbacks(0) |

農水「九条の会」の全国的な催しは今秋に展望しています

農林水産「九条の会」の活動を開始してから1年8ヶ月ほどが経過しました。
昨年5月28日には、東京・日本青年館で「第1回全国のつどい」をひらき、全国から130人のみなさんに参加していただきました。次の全国的なつどいは、事務局担当者会議では秋以降に企画しようと意思統一しています。
| nrss9j | 農林水産九条の会 | 10:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
YESTERDAY / TODAY / TOTAL
yesterday  /  today  /  total
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE