■ 農林水産九条の会 ■

初の「農林水産九条の会・全国のつどい」に130人

初の「農林水産九条の会・全国のつどい」に130人

〜年内に1500人の賛同者目標申し合わせ、来春に第2回全国のつどいを計画、これを次の節目に〜
〜暉峻衆三さんの記念講演・会場全体が聞き入る〜

 会の初めての試みとなった『会発足から1周年を記念して−農林水産「九条の会」全国のつどい』は、5月28日(日)の11時から15時30分、東京・日本青年館会議室の90の定席を大きく越える130人が参加してひらかれました。
 参加者は、北は秋田、岩手、山形から、南は福岡、大分、宮崎、鹿児島まで20都府県から、文字どおり老・若・男・女が会場を埋め尽くしました。

 呼びかけ人の河井智康さん(海洋学者)が主催者あいさつ、呼びかけ人で元東京教育大学教授の暉峻衆三さんが「私と憲法」と題して記念講演をおこない、力のこもったお話に、会場は熱心に聞き入っていました。
 昼休みは、千葉県農民連の会員が届けてくれた「おにぎりセット」をいただきながら、千葉農民連事務局長・小倉毅さんの成田囃子などの笛の演奏、茨城県西農民連の北嶋誠さんを中心にしたヒューマンファーマーズの歌と演奏をみんなで楽しみました。

 午後は、農民連の上山興士さんがカンパの訴え(カンパは71,709円が寄せられた、ありがとうございました)、つづいてリレートークで10人の方が発言しました。
 発言者(アイウエオ順)は、市川孝治さん(東京都東久留米市)、岡田現三さん(岩手県盛岡市)、小林節夫さん(長野県佐久市)、佐々木健三さん(福島県福島市)、谷口末廣さん(東京都武蔵野市)、西野恒次郎さん(大阪府泉南市)、西山文四郎さん(新潟県新潟市)、三上英範さん(大分県中津市)、箕輪喜作さん(東京都小金井市)、森井俊弘さん(愛媛県内子町)です。これらの発言内容も後日報告させていただきます。

 さいごに、「今後の運動の計画について」事務局担当から提案をおこない、申し合わせとして全体で確認させていただきました(別掲)。呼びかけ人で日本女子大学名誉教授の宮村光重さんが閉会のあいさつをいただき、つどいは閉会しました。

 このつどいでの講演、紹介された各地のとりくみ経験や憲法への思い、改憲を許さない決意などは、それぞれの参加者への大きな励ましとなったと思います。いま各地で、農林水産関係の県域・地域の「九条の会」づくりの相談が始まり、事務局にもその様子が届いてきています。
| nrss9j | 農林水産九条の会 | 00:08 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.nourinsuisan-9jo.hiho.jp/trackback/398670
YESTERDAY / TODAY / TOTAL
yesterday  /  today  /  total
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE