■ 農林水産九条の会 ■

秋田県でも農林水産九条の会を結成されました

九条の会アピールに賛同する秋田県農林水産関係者の会(略称・あきた農林水産九条の会)は、1月20日、JR秋田駅東のアルヴェで「結成と講演のつどい」をひらき、県内各地から会場いっぱいの80人余りが参加。地元テレビ局も取材に訪れました。
中田達男事務局長(元秋田県経済連企画管理部長)が会の結成と申し合わせを発表。代表世話人に元県農協中央会の小松正一さん、元県農業試験場次長の阿部健一郎さん、県立大学教授の佐藤了さん、元十文字町長の西成辰雄さんの四氏の選出したことが報告されています。
開会あいさつで小松正一さんは、戦中・戦後の農村の悲惨さを話し、「どうしても戦争をくいとめたい。戦争とは、いかに残酷なものか目に焼きついている。平和でなければ農民は一番困る。なんとしても九条を守り抜いていきたい」と訴えられました。
東北大学名誉教授の河相一成さん(みやぎ憲法九条の会事務局長)が、「憲法と食糧・農業・農民」と題して記念講演。現憲法と自民党の新憲法草案を比較し、安倍首相の改憲発言に警鐘を鳴らしました。食糧主権、農業権と憲法の根幹である主権在民の関連についての解明は、参加者に感銘を与えています。
| nrss9j | 農林水産九条の会 | 11:00 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.nourinsuisan-9jo.hiho.jp/trackback/526422
YESTERDAY / TODAY / TOTAL
yesterday  /  today  /  total
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE